企業の資金調達方法にはどんなものがある?

企業が資金調達する様々な方法をリサーチ

返済計画を見直そう

日本の企業の資金調達方法と言えば、やはり銀行や国などの公的機関からの融資を思いつく方がほとんどでしょう。

先日放送されていた大人気ドラマでも、老舗の企業と銀行との関係が描かれていましたね。

融資とは、企業側からすればお金を「借りる」ことになります。
貸してくれる相手は様々で、最も金利が安く融資がおりやすいと言われているのが政府系機関や地方公共団体の制度を使う方法です。
ただ、融資先が非常に多いので、1件毎その企業に応じた対応はできず、借入に応じてもらえなかったという事例も耳にします。

銀行の融資も一般的ですが、これには実は2種類あります。
一つは銀行が直接企業にお金を出すプロパー融資。
もう一つが公的機関である信用保証協会が保証人の立場になって銀行がお金を貸し出す融資です。

貸し倒れのリスクを回避するため、銀行からプロパー融資を受けるためには企業側もそれなりの実績を積む必要があります。
何期に渡って黒字を出すとか、過去に返済の実績を持っているなどの事例によってその企業の信用力が判断され、それに応じた内容(融資金額や金利など)で融資を受けられることになります。
その点、信用保証協会の保証付融資はいざという時信用保証協会から融資した貸付金が回収できるため、最初はこちらの方法で返済実績を積んでいき、プロパー融資を受ける企業が多くあります。

銀行規模としては、地域密着型の地銀や信用金庫などの方がどちらかと言えば応対も丁寧で企業実績にもしっかり目を通してくれている印象があります。
一定のエリアを対象とした企業を経営する場合は、その地域への情報に明るい地銀との繋がりを持っておくことで、事務所を設けたいときにオーナー募集中のビルの情報を教えてくれたり、紹介してもらえるという可能性もあります。

銀行や公的機関から受けられる融資について

銀行や公的機関から融資を受けたけれど、当時とは社会情勢が変わり借入当初のままの条件で返済を続けることに疑問が生じた場合、積極的に返済計画を見直していくのも一つの方法です。 返済の負担が減るという意味では、こうした取り組みも立派な資金調達の方法と言えます。

不要な資産を売却する

社有車や備品在庫の中で、日の目を見ずに眠っているものがあれば、値段がつくうちにそれを売って資金調達する方法もあります。 有形・無形に関わらず、会社が所有している資産であれば売却して資金に変えられます。 セール&リースバックについてもこちらで記載します。

投資家から出資を募ろう

最近、クラウドファンディングという言葉を耳にする機会が増えました。 国内、海外を問わず、個人から資金を調達する方法です。 それ以外にも良いビジネスに投資したいと考えている投資家は世界中に沢山存在しています。 投資家の出資を募る方法をご紹介します。